あとは自分次第

占いをしてもらい、そのあとのことは成るがままになるとイメージするのであれば、それは間違いになります。
占いというのは、あくまでも今の自分から脱却するために利用するものであり、開運のために使うものになります。
最後は自分次第です。

運勢は自分で切り開くもの

黙っていても意中の人と結ばれることはできません。
働かないでお金を得ることはできません。
誰もが知っている事実になりますが、鑑定をしてもらうことで、運勢が上向くと考えて占いを利用している人もいます。
そうではなく、最後は自分で決断し行動をすることが求められます。
まず運勢は自分で変えるものであり、そして変えられるものであるということを知りましょう。


占術師が言っているのではなく自分がどうするか

先生がそう言っているからその通りになるのではなく、それを実行することで今の自分から抜け出すことができるが正しいです。
あくまでも先生が鑑定した結果はアドバイスや現状にしか過ぎません。
そこからどうするのかは最後は自分で決めることです。
占ってもらったから、自分が変わるという人では、うまく利用しているとは言えません。
鑑定と一緒についてくるアドバイスをどのように生かすのかが大切です。
占ってもらい安心してしまう人が多いのが実態です。
しかしそれでは何も変わりません。
現状を知り、そしてどうすればそこから抜け出すことができるのかを自分なりに工夫しなければ、問題は何も解決しませんのでそれは理解しておきましょう。