先生によって占い方法も異なる

占い師と聞くと、なんでも質問に答えてくれるとイメージしている人も多いようです。
それは間違った認識になります。
多くの人にあるように、得意分野とそうではない分野があります。
それを理解してから占いを利用することが大切です。


先生によってできることが異なる

生年月日などを利用してそれらの情報から星の動きを見て大局的な運勢を鑑定することができる命と呼ばれる占いがあります。
四柱推命や九星気学、ホロスコープなど代表的な鑑定方法です。
また手相が得意であったり、霊的な能力から鑑定するスピリチュアルな手段から導き出すことが得意な先生など居ます。

目的によって選ぶ

「好きな人がいるけれど、その人との恋愛運を知りたい」というまるで純粋な乙女のような願いを大人な女性が聞けるのが、鑑定の醍醐味です。
しかしその願いは鑑定方法によっては叶えることが不可能がことがあります。
恋愛運を聞きたいのであれば、スピリチュアルやタロットなどが効果的です。
大局的な運勢を占うのであれば、四柱推命や九星気学が良いでしょう。
このようにできることと出来ないことがありますので、先生に無理な質問をしないようにしましょう。
運勢とは自分で切り開くものになりますが、誰もが壁にぶち当たります。
そんなときにちょっとした背中を押してくれる存在が占術をする先生であり、その先生から導き出された鑑定結果になります。
すべてを信じるというよりも、そうなるように自分で行動する力も求められています。